蓮のつぼみだより

2012年10月01日

蓮のつぼみだより =5=

=“小さな駄菓子屋さん”人情の町復活

駄菓子屋(だがしや)をOPENするという
笑顔の素敵な、ひとりの主婦に出会いました。

「昔はね、親に10円もらって駄菓子屋さんに
行くのが楽しみだったんですよ

いろいろな学年の子もいるし、
人情あふれる、世話焼きおばちゃんもいて。
そこが、幼い頃のいい想い出の場所だったんです。

IMG_0704 (1031x1280)子供に行かせたいんですが、
あの駄菓子屋さんってのがなかなか探せなくて…。
今は、お菓子もレジに並んで買うし、
もの(お菓子)を子供に買い与えることも多いんです。
なんだか・・・それが味気なくて… 」


ところで、“駄菓子屋”さんというのをご存じでしょうか
近ごろは、全国的にもあまり見かけなくなったそうですね。
(今ごろ気づきました・・・

地域の子供たちが小銭を持って、
お菓子や当てもの(くじ引きで玩具やお菓子を当てる)を
楽しみにして来ていました。

a1380_000347やさしいお年寄りが店番をしていて、まわりの大人たちも、遠目で見守っていた…( ^^)人(^^ )
昔懐かしい“下町の人情”を味わえる場といえば、
銭湯につづき、駄菓子屋さんの情景を思い浮かべる人も多いことでしょう。

私も子供の頃、小銭をだいじに握りしめ、
「10円で、なんかちょーだーい(何かください)」
わくわくしながら通った頃を懐かしく思い出します。

その方は、
お母さん方もストレス解消ができるようにと
リンパマッサージを学び、
カフェトークができるようなオープンスペースも
考案中とのことヽ(*^-^)人(^-^*)ノ

「昔懐かしいあの駄菓子屋さんをこの町に復活させたいんです」

共感すること、
可能性は目の前にあふれているということ、
学ばせていただくことがたくさんありました。

とっても、いい出会いでした
これからは、ご近所がにぎやかになりそうで楽しみです

   
    中島 ゆきえ  

jaahc at 15:57|Permalink

2012年09月26日

蓮のつぼみだより =4=

  いやしのカウンセラー 群馬県 関口  史 さんから 


今日は私にとっては新たな記念すべき日になります。

数日前から今日投稿しようと決めていました。

いやしのカウンセラーの資格をとらせていただいてから

今日まで大きな心の変化を感じてきました。


勉強中は、理解しようと必死だったものが、

日常で何度も思い出したり、テキストを読み返しているうちに

日常で落ち込んだり、また怒りを感じたときにも

少し時間をおいて心の分析?ができるようになり

立ち直りも早くなっていきました。


以前より今ある幸せを幸せだと感じれるようにもなりました。

こういう気持ちは身近な人にも伝染していくようです。

これからサロンのお客様にもいっぱい幸せを広げたいと

心から思っています


いやしのカウンセリングを勉強したことで、生きるコツを得たようにも思えるのです。

たった一度の人生、たった一度の今日この瞬間を大事にしていきたいと思います


IMG_0631 (1280x959)
※写真は中島先生による撮影です
******************************

☆素敵なメッセージ☆を

大切な日にお届けくださり

ありがとうございます 


心の学習経験者として、

『いやしのカウンセラー』としての

言葉が見事この文章の行間から

にじみ出ていることに気づけます。


今日の“大切な日”が

関さんやご家族、周りの人たちの

素敵な想い出でうめつくされますように

心から祈っております。

    中島 ゆきえ 




  


jaahc at 17:38|Permalink

2012年07月27日

蓮のつぼみだより =3=

いやしのカウンセラー 滋賀県 徳永真弓 さんから


『人は“感じ”られるから“考え”られる、
      考えられるのは感じることができるからこそ~ヾ(○゜▽゜○)』

感性のアンテナがキャッチした情報が多ければ多い程、また、情報の奥行きが深ければ
深い程、さらに、質感があればある程、私たちはそれらに応じた(準じた)ことを考えることができるんですよね。それってスゴイ

IMG_0642 (961x1280)“頭でっかち”っていう表現がありますが、自分が「あの人、頭でっかちだわ」って思ったあの人は、本当に頭でっかちだったのかな?…ひよっとしたら、本当はね…感性豊かで、ひときわ神経細やかな一面をもたれてる方なのかも…

時にはふと立ち止まって、考えずにただ感じてみるのも学びが
頂けていいかもしれませんね

※写真は中島先生による撮影です
************************************

心の中で思い、考える前に、
”何となく感じる”・・・。
どんな感じ方も、生きている間に培われてきた
その人の財産でもあります。
時にはふと立ち止まりながら、
奥深く、質感のあるものにしていきたいですね。

    中島 ゆきえ 

jaahc at 10:26|Permalink

2012年07月20日

蓮のつぼみだより =2=

 いやしのカウンセラー 天野  真実 さんから 


IMG_0624 (1280x961)=「がんばりすぎない」=

何かに対してがんばることも。

休むことも。

そして(これが一番大切!)無理しないことも。

「過ぎる」ことは何事に於いても自分自身に負担をかけていることになります。

ちょっと・・・中島先生の「『いいかげん』がちょうどいい加減」と重なってしまいますが(^_^;

受講時からの、ついつい、全力投球モードになってしまう自分自身への教訓でもあり、

今では座右の銘(?)になりつつあります。

**************************

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」
まさにそのとおりですね。
お酒も妙薬になることもあれば、毒になることもある。
妙薬と毒の境目は?呑んでみないとわからないこともあります。
過ぎていた”原因”は何だったのか、
何に対して”いい加減”でいることが大切なのか、
体験して、内観してみてはじめて気づけることもあります。
たくさん経験されましたね。
これからも心から応援しております

     中島 ゆきえ 

                                  ※写真は中島先生による撮影です。

jaahc at 13:16|Permalink

2012年07月13日

蓮のつぼみだより =1=


 サロンaroman主宰『いやしのカウンセラー』南舎やよいさん(京都府亀岡市)から 

=いやしにあふれた街にしたい=

おかげさまで私も4月でサロンを開いて一年になります。
いろいろと試行錯誤を重ねながらやってきましたが、
今年はなんとか自立できるようなお店にしたいと思っています。
まだまだ顧客数も少ないですが、こんな私を頼りにしてくださる方の
お力になれますよう努力を重ねていくつもりです

最近、考えているのが、
「(まずは)亀岡をいやしにあふれた街にしたい」ということ。

まだまだアロマやリラクゼーションが浸透していないこの街が、
いやしを贅沢と思ったり、後ろめたさを感じることなく、
(美容室に行くように)当然のこととして堂々と利用できて、
みんながいやされることを知って幸福感につつまれているような

そんな街になればと思います。

そうすれば、いろいろなことが上手くいって、みんなが潤う気がするのです。
カウンセリングはきっとそのあとにさらに広がってくると思います。

a0990_001263主人によく、私のやろうとすることは「(亀岡では)1〜2年早い。
だから時間はかかるけど大丈夫」って言われます。
毎年開かれるサロンも、閉めることになるサロンも、とても多いと
聞きます。
だけど、お客様が久しぶりに訪れたいと思って下さったときに、
そこにちゃんと存在するサロンでありたい。

そう思うようになりました。

そして、そのために「今できること」は何か・・・常に考えながら進んで行きたいと思います。

**********************************

いつも温かく見守ってくださっている
ご主人さまへの『感謝の想い』は、
南舎さんの心を広く豊かにし、
「いやしの街づくり」へと広がっていったのでしょうね。

その想いは、また誰かの心を広く豊かにするはずです!
「あなたが居るから大丈夫 またがんばれる
そんな存在があふれる街づくりを私たちも応援します!o(*^▽^*)o


     中島 ゆきえ 




jaahc at 10:10|Permalink