受講生からのメッセージ

2016年11月04日

=終了感想レポート=

いやしのカウンセラー終了感想レポート

Q:当講座を始める前と全課程を修了してからとを比較してみて、あなたの心境や思考にどのような気づきや変化があったでしょうか。


 愛媛県松山市 O.Yさん 

こちらの講座をはじめる前から心理学には興味があり、色々と学んでいました。
改めて学ぶことで、さまざまな気づきや、
自分らしい生き方って何だろう?と自分自身を見つめ直す時間になりました。

特に「トリックスター」が印象に残っています。
子供のことでいろいろなことがありましたが、すべてに意味があり、
充実した人生を送るための大切なことだったのだと思えるようになりました。

アロマの力も借りながら勉強する時間はリラックスし、
本来の自分を呼び戻すような感覚でした。
思考も以前より前向きに考えられるようになりました。

学習中も仕事や子育てでいろいろな問題が浮上しましたが、
この講座のおかげで丁寧に向き合えたと思います。

これからは、「自分らしい生き方ってどんな感じだろう?」とか、
さまざまな問題に直面し悩まれている方の気持ちに寄り添えられるようなお手伝いができたらいいなと思っています。

ありがとうございました。



385a1811e0802c370d4b2106ce579c46_s



jaahc at 16:54|Permalink

2013年02月15日

=受講生からの投稿=

皆さん、こんにちは ブログ管理者です。
立春も過ぎ、春の空気を感じたいところですが、まだまだ
寒い日が続きますね

小さい頃は、雪の下に見えるフキノトウや、フクジュソウ、つくしを
見かけると春を感じたものです。
最近は見かけることも少なくなりました(わたしの住まいだけかもしれませんが)。
今年は春を感じる何かを見つけに、公園でも散策しようかな

a0790_000834

さて、今回は通信受講生、高知の中山優さんからの投稿です。
中山さん、ありがとうございました。

**********************************

『自分へのOKサイン』

人に何を言われてもただ笑っていた私は、
自分の言いたいことが言えず、頼まれれば断れず。
幼い頃、そんな自分が嫌いでした。

学童期には、そのような自分がとても寂しかったです。
思春期には、何の存在価値も無いと思える自分が生きていて良いのかを
迷いながら、死ぬことを恐れていました。
何を恐れているのかも分からないまま、ただひたすらに生きていることが怖かった。
自分に自信が持てない私は、人の和の中に入ることも怖く、
誰かと話そうとすると吃音が出た。
自分では遠慮をして生きて来たように思えた自分が、今回ご縁により
『いやしのカウンセラー』という講座を始め、自分の心の中に
確かな変化があったことをお伝えします。

心・・・

子どもの時にあったテレビドラマの主題歌で、
誰が歌っていたのかも忘れたけれど、このようなものがありました。

 心って 何ですか 見えないものですか
  形は見えないけど 触れるものですか 

という、一節。

歌詞もこのようなことだったというだけで、
この通りの歌詞であったかも定かではないけれど、
私はずっとこの歌が好きで、今も好きで、たったこれだけの部分しか
覚えていないのにやはり好きです。

学生の頃、母校に教育実習に来た女性の大学生さんが
心理学を専攻していたようで、「心」はどこにあるか、という授業を行いました。
「脳の中だ」、「頭の中にある」、「胸じゃないか」、「分からない」……、
といった様々な意見が飛び交う教室で、ふと教育実習に来ていた人がこちらを見、
私の意見を求めたのでした。

私は、このように答えました。
「心は、私の中にある」。

その時とっさに出た自分の答えに自分が驚き、
席につくことも忘れ突っ立っている私は、何故でしょう涙がほろほろと零れ、
それなのに体が温かく胸がドキドキとした。

歳月流れ、『いやしのカウンセラー』の教材が届き半年間、
私はその箱を開けることを恐れました。
パンドラの箱のようになりそうで。
開いた途端、それまでの体が冷えきるような出来事が一気に集まってきて
自分を取り囲みそうで怖かったのです。

半年後、自問自答も会話だと、それが上手になったなら
私から怖いものが無くなるのではないかという思いから
届いた教材を開けてみると、そこには綺麗な蓮の花があり、
そこに両手を伸ばし花に自分を届かせようとするのか、
花を大切に囲うとしているのか穏やかで優しいテキストがありました。

テキストを開くと色々な自分がその中にいます。

レッスンごとに、それまでの自分を振り返り、
新しい私を見出したい気持ちが強くなってゆく自分を知り。
テキストの中の、「I am OK」という言葉に背中を押され
実際に口にし、「You are OK」という言葉に生きとし生けるすべてのもの……、
出会うすべての命、自然、空も海も風もすべてがあって自分が在るということ。
そのすべての中に私がいるということ。
そのような思いが自分の中に根を張ろうとし、
また根を張ろうとする自分に抗い、
過去の出来事やこれからの未来への不安をかきたてようとする。

この学習を進めるたび、過去の自分への抗いやこだわりや
葛藤の連続に負けそうになり、そのたびに口にする、「I am OK」。
すべてを受け入れたいと望みながら、器小さくできずうな垂れる自分に、
私自身が言ってみた「You are OK」。
すると、うな垂れていた顔が少しずつ上がってゆくのです。

私が一番欲しかったのは、私自身が私の心へ、
OKサインを出してやることだったのです。

信じられる人や物事でなければOKサインは出せない。
「出せなければ、それも貴方でOKよ」という、
お会いしたこともない中島ゆきえ先生のお声が聞こえる気がしました。
そこに自分を信じる力が加わって、今も出るか引くかと悩みながら
自問自答を繰り返している。そういう自分を好きになれたことが嬉しい。

『いやしのカウンセラー』というこの学習と出会えたことに深く感謝を致しつつ。
嬉しいという思いの中で大切な言葉を伝えます。
「ありがとうございます」。

中山さんのブログ
http://ameblo.jp/rude-aroma/

a1380_001057


    受講生 高知県高知市 中山優 




jaahc at 11:50|Permalink

2009年05月26日

香りと心 〜さまざま〜

香りの感じ方は実に様々です。
この様々と言うのは、人によって感じ方がずいぶん異なることでもありますし、同じ人でも状況によって異なることでもあります。

「同じ人でも状況によって異なる」ケースでとても印象深い報告を いただいたことがありますのでご紹介します。

その受講生をAさんとします。
Aさんはアロマコーディネーター講座ホームスタディコースの受講生で、教材に入っていた精油の中でローズマリーが一番苦手な香りでした。

受講してから半年ほどした後、実母が病に倒れてしまいました。
Aさんは仕事と家事をこなしながら、週末には4,5時間車を運転して実家の母の看病をしに行き、日曜の夜か月曜の早朝には、また運転して帰ってくる。といったハードスケジュールを続けて、なかなかレッスンどころではなくなってしまいました。
そんな時に私がお電話での相談を受けました。

幸いにも受講期限のないコースで受講されていたので、レッスンはしばらくお休みして構わないが、精油が劣化するのはもったいないので、ほんの5分でも疲れた自分へのご褒美で芳香浴をしたり、運転中事故を起こさないよう精油を用いる方法をお伝えしました。

それから数ヶ月後にご報告いただき、「あんなに嫌だったローズマリーの香りがとっても心地良く感じるんです!」とのこと。

そしてローズマリー入りのトリートメントオイルを作り、セルフトリートメントを行ったところ、体の深いところがほぐれる感じがして、不眠気味だったのが久々にぐっすり眠れたそうです。

リラックス系よりリフレッシュ系で使う人が多いローズマリーですが、精油の知識を蓄えた人は「なるほどね〜」と思えることでしょう。

それからしばらくしてAさんからご報告を頂いたのは、残念ながらお母さまが逝去されたのち、気持ちも多少は落ち着かれた頃でした。

「あんなに助けてくれたローズマリーなのに、生活が落ち着いたらまた苦手になってしまったんですよ〜」

香りってなんて不思議、、、
言い方を変えれば、人間の感覚ってなんて素晴らしいんでしょう。

JAS指導部 松丸

**************************************************************
明日使える「簡単心理学レッスン」in 大阪情報はここをクリック
**************************************************************

jaahc at 07:00|Permalink

2009年05月25日

フリーハグ

受講生 長崎県 谷川千恵さん

ある深夜番組で、22歳の大学生が、世界各国を含め、初めて会った人でも「ハグ」をして人間の温かさを感じ、「ハグ」をすることで(友達の和を作る)という活動をしていました。

テレビで見た彼女はすごく明るく元気な笑顔がとても似合う素敵な女性でした。

しかし、その素敵な彼女は、今後の活動に対して夢や希望を抱いたまま、今年の1月15日に脳腫瘍で亡くなられたそうです。

テレビを通してですが、彼女と出会ったその日の私は、「どう進んでいけばいいのか…」などと少し行き詰まった状態でした。
でも、番組を見終わった後、感動で涙が止まらない…。
そしてその後に、何か「生きるエネルギー」をもらったような感じでした。

世間では、簡単に人を傷つけたりなどと、恐ろしい事件が毎日のように起きている中で、彼女は人に対して不信感など持たずに接し、人を大切にする気持ち…
そしてそれを 行動に移せる勇気、強さ…
尊敬します。

今の私にはとても真似できませんが、目標の一つとして、ほんの少しでも彼女に近づく事ができれば…と思います。
無理することなく、一歩ずつ進んでいきます。
こんなタイミングで彼女と出会う事ができた事に、本当に感謝しています。
ありがとう

 ワークショップ福岡会場の終了時に起きた嬉しいハプニング ハグ、ハグ、ハグ♪
hug01hug02


jaahc at 07:00|Permalink