2012年12月

2012年12月28日

=ありがとう2012年=

今年も残すところあと数日。
2012年という一年が幕を閉じようとしています

今年も『いやしのカウンセラー』の方々をはじめ
多くの方とふれあうことができました。
今年も大変お世話になりありがとうございました

社会的には、「激動の年」といわれるほど
今年も、多くの出来事や変化と共に過ごしました。

「平和」を願い「朗らか」であり続けるように努力すること。
これは、私が今年一年で学び気づいたことでした。
皆さんにとって、今年はどんな年だったでしょうか。

全国的に寒さ厳しい毎日ですが
どうかご自愛なさいまして
心温まる年末年始を迎えられますように
こころから祈っております

来年もどうぞ宜しくお願いいたしますo(*⌒―⌒*)o

a0001_004187

    中島 ゆきえ 

jaahc at 18:28|Permalink中島先生からのメッセージ 

2012年12月12日

=いやしのカウンセラー「1DAYセミナー」&「ワークショップ」in東京=

当日は冷え込みも厳しい中、たくさんの方にご参加いただき、
誠にありがとうございました。

「1DAYセミナー」では、突如中島先生のご指名で、
初期の通学講座にご参加いただいた受講生さんや、
いやしのカウンセラーとしてご活躍されている会員さんにもスピーチいただき、
大変にぎやかな、そして和やかなセミナーとなりました。

IMG_1037 (1280x960)IMG_1047 (1280x960)







「ワークショップ」には多くの「いやしのカウンセラー」の方にご参加いただき、
またそのスキルを磨かれて帰られたことと思います。

IMG_1117

年内最後の「いやしのカウンセラー」のセミナーでしたが、
どちらも、今回ご協力いただいた2名のアシスタントの方のご尽力あってのものでした。
お二人より、「アシスタント報告」をいただきましたので、掲載させていただきます。

日本アロマコーディネータースクール
指導部:初田貴史

*********************************

アシスタント報告
  いやしのカウンセラー 天野真実 

IMG_1016

今回も「いやしのカウンセラー『1DAYセミナー』及び『ワークショップ』」の
アシスタントを務めさせていただきました。

今回のテーマは「傾聴」。
このテーマだからこそ参加しましたとおっしゃる受講生さんも多く、
みなさんの期待を感じられる場となりました。

午前では初めての方が多く「傾聴」というものに対しての戸惑いを感じながら、
逆に午後ではアシスタントの私よりも遥かに経験者の多い受講生さんを前に、
それぞれ違う緊張感を覚えながら務めさせていただきました。

今回は実習が多く、アシスタントとしてなるべく第一・第二・第三者でもなく、
第四者の立場で、そして第四者の立場だからこそ、それぞれの“役割”において
「傾聴」から感じられる心の動き・変化を観察し、学ぶ貴重な体験をすることができました。

「傾聴で大切なのは言葉ではなく、『プラスのストローク』」

そして

「空気のような存在(いることを意識させず、でもそこにいるからこそ
安心感を(無意識に)持つ)になる」

今回のワークショップで心に残った中島先生のお言葉でした。

今回、アシスタントとして受講生さん、そして中島先生にも?!空気のような存在に
少しでもなれましたことを願っております。

毎回のことですが、アシスタントとしては反省点も多く、
学ぶことはまだまだたくさんあることを痛感させられました。

最後に、このような経験の場を提供してくださり、
今回も参加できましたことを中島先生、指導部の方々に感謝致します。
有難うございました。

**********************************
アシスタント報告
  いやしのカウンセラー 井上夕紀子 

IMG_0993

12月2日に「1DAYセミナー」と「ワークショップ」の
アシスタントをさせていただきました。

今回のテーマが『傾聴』ということで、特に「ワークショップ」には
日頃から活躍されているベテランの『いやしのカウンセラー』の方も
多数参加していたので緊張もしましたが、大変勉強になりました。

福島の震災を経験されたご参加者の実体験は、
静岡に住む私には共感できるところがたくさんありました。
震災を経験したからこそ、いろんな気付きがあったり、いろんなスタートがあったそうです。

自分にとって一番大切なものは一人一人違うし、
震災を経験した皆さんは「お陰で、お陰で・・・」という言葉を使い、
いろんなことに対して感謝の気持ちで一杯になるそうです。
そういう時こそ『傾聴』が大切になるというお話を聞くことが出来ました。

『傾聴』とは、私たちのすべき範囲を超えないように、ただじっとそばに居るだけでいい、
言葉なんか要らない、心の声にそっと寄り添うだけでいい。
プラスのストロークがあればあるほど癒されるそうです。
ご参加された『いやしのカウンセラー』さんは、皆さん優しいオーラに包まれているので、
安心して“こころ”を委ねたくなる方ばかりでした。

私は今まで『いやしのカウンセラー』という言葉に責任を感じ、
頭でっかちになり過ぎてしまい、まだ足りない、まだ出来ていないと焦ってしまい、
なかなか前に進めなかったように思います。

いろんなカウンセラーさんの体験を聞かせていただき、
もっと肩の力を抜いて「ありのままの自分でいい」、そう思えるようになりました。
私にしか出来ないことがいっぱいあるし、まずは出来ることからはじめてみよう。
私の明るい笑顔と元気なパワーで、
少しでもいろんな方を元気にして差し上げられたらと思います。
あの人に会えば素直に笑うこともできるし、泣くこともできる、
そんな『いやしのカウンセラー』になりたいと思いました。
これからも、『いやしのカウンセラー』さんと一緒に学び、自分を成長させていきたいと
思いますので、よろしくお願いします。

中島先生をはじめ、指導部の初田さんに感謝致しております。
ありがとうございました。



jaahc at 11:35|Permalinkセミナー&イベント情報 | スタッフ報告

2012年12月10日

=「小さなおりてがみ」宮城県名取市へ♪=

『いやしのカウンセラー』によるイベント参加
なごやか*会の皆さん「名工大☆文化祭」
平田佳世さん「八尾市文化会館☆にじいろコンサート」
そのほか、たくさんの方々の手とこころの“温もり”によって
202通もの「小さなおりてがみ」が集まりました

IMG_0894 (1280x960)

「小さなおりてがみ」活動のご協力を
ありがとうございました

***************************

今回は、多くの人のこころを温めた詩「ありがとう」
作者/高橋久子さんが住む“宮城県名取市仮設住宅”へ
「小さなおりてがみ」と、ふわふわブランケットをそえて届けました。

高橋さんは、その後この詩が楽曲になったり、
テレビ出演やラジオ、講演会など、さまざまな場で活躍
今の“こころ”をありのままに伝えられています。
現在、NHK「明日へブログ」にも掲載されています
http://www.nhk.or.jp/ashita-blog/160/139321.html

先日(7日)、宮城県周辺域に
震度5弱の大きな揺れと、津波警報が出ました。

ニュースを見て、私も心配をしていたのですが、
翌日、高橋さんから「ありがとう」のお電話をいただきました
荷物が予定より1日あとに届いたおかげで、
ご不安な思いもやわらげられたように感じます。

皆さんへ、高橋さんからのメッセージを
お預かりしておりますのでご報告いたしますo(*^▽^*)o

*・’゚☆。.:*:・’☆’・:*:.。.:*:・’゚:*:・’゚☆

「震災以来はじめての避難勧告におどろきました。
いっぺんにいろいろなことを思い出しましたが、
次の日、贈りものが届いてほんとうにうれしかったです。
忘れないでいてくださったことがうれしかったですよー。
集会所に置いてみんなでわけますね
いろんなおりがみのかたちがあるんですね〜。
前いただいたのも、みんなでおって楽しかったです。
つくってくださった全国の皆さんに、
どうかどうか(←ゆっくり強めに)よろしくお伝えください。
ありがとうございました」

*・’゚☆。.:*:・’☆’・:*:.。.:*:・’゚:*:・’゚☆

     中島 ゆきえ 

jaahc at 10:14|Permalink東日本大震災への支援 | 中島先生からのメッセージ

2012年12月07日

=終了感想レポート=

いやしのカウンセラー終了感想レポート

Q:当講座を始める前と全過程を修了してからと比較してみて、あなたの心境や思考にどのような気づきや変化があったでしょうか。

  北海道小樽市 M.Kさん 

講座を最後まで進めさせて頂きまして誠にありがとうございます。

最初にこの本を手にとり、レッスン1を読んで、
早速レポートに書くにしても“ただ書いて提出ではない奥の深さ”を感じ、
しばらく提出できませんでした。 

半年経過して、アロマコーディネーターの試験を受け、
その時に提出させていただきました。

私も日々、50件ほどの受信・発信の業務の中、
気持ちがどちらかといえばストレスで一杯で安定せず、
このような状況で(安易には)提出はできないと決心して、
自然と書いて提出したくなる時期が来るのを待っていました。
アロマコーディネーターの合格以降は、ご存知のように
スルスルと提出させていただいております。(快速電車並みでしょうかね)

課題内容と仕事での内容が不思議と合致する場面や、
何気に流して“こういうもんだ”と思っていたことが、
実は事柄の流れで“起こるべき段階で起こりうる”というのが
妙に納得でき、心の中が温まったり、涙したりと振り返ることもあり、
自分を第3者、第4者くらいの位置で観察しています
 
アロマコーディネーターばかりに目がいってしまいますが、
職業を超えてカウンセリングは大切です。
(特に電話業務する人には不可欠ではないでしょうか)

実際、注文ではなく商品の質問から、時間の経過とともに納得して、
そのまま注文になるケースは沢山あります。
その時にカウンセリングが大変役立ちます。
もともと聞き上手もあるのですが、聞くだけでなく、私からお客様への質問や
提案したりと踏み込んだ対応も出来るようになりました。
結果として会話のキャッチボールは上手くなりましたね。

a1710_000008


jaahc at 09:56|Permalink終了感想レポート | 修了生からのメッセージ