2011年04月

2011年04月27日

=全国セミナー&ワークショップのお知らせ=

3月5日大阪会場からはじまった 全国セミナー「いやしのクラフト・お守りづくり」
ワークショップ「いやしのカウンセリング・はじめの一歩のふみ出し方」について、
これよりあとの予定と、内容をお知らせいたします。
●東京会場/6月11日(土)
●福岡会場/6月24日(金)
時間:全国セミナー10:00〜12:00 ワークショップ1:30〜16:00
詳細は、こちらをご覧いただき、お問い合わせくださいませ。

今回の全国セミナーとワークショップは、
どのように【思い】を引き出し、それを【行動】につなげ、
さらに【継続】すればいいのかを共に考える“共通のテーマ”を持っています。
これは、人と人とのつながり方を「自分」の中から見つけていく作業でもあります。
ワークショップでは、さらにそれをどのように伝えていけばいいのかを
「自分」の中から引き出し、互いに共感する作業を行います。
DSCN3740 (1280x960)DSCN3751 (1280x952)







東北関東大震災により甚大な被害に対し多くの力が注がれる中、
「小さなおりてがみ」活動をきっかけに、
『いやしの支援コミュニティー』が発足されました。
お忙しい中にもかかわらず、「いやしのカウンセラー」をはじめ
受講、修了生、JAA会員と、全国の多くの方々に快くご協力いただき、
また、ご協力いただいている方々によってさらに支えられているという、
こころ温まるかたち(うねり)になってまいりました。

現在、そのご家族やご友人、職場やサークル、イベントや講習会など
全国さまざまなところで、こころに寄り添う「おりてがみ」が作られ、
いくつかの避難所に届けられています。
5月4日は、三郷市避難所にマッサージボランティアへ行かれる
末次ナオコさんと、佐藤恵子さんによって届けられます。
仙台市の被災地へは、JAA事務局からJAA加盟校「アローム」主宰関淑恵さんの
ご活動と共に届けられる予定です。
ますださん (2) (2)

届いた「小さなおりてがみ」が、受け取っていただく方々の
少しでもこころに寄り添うものでありますように心から祈っております。

今回の全国セミナーとワークショップは、
これまでの活動の様子や気づき、役立つ情報も内容に加えてお届けします。

    中島 ゆきえ  



   

jaahc at 16:25|Permalinkセミナー&イベント情報 | 東日本大震災への支援

2011年04月25日

『いやしのカウンセラー』三郷市避難所へ

前回ご紹介した『いやしのカウンセラー』末次ナオコさんが、
セラピストと整体師の方々と共に三郷市避難所へ活動に行かれました。
そのときのもようとご感想をいただきましたので、ご報告いたします。
***********************************
「小さなおりてがみ」避難場所をお世話されている、
三郷市社会福祉協議会の菱屋係長様へお話を致しました所、快くご理解頂きました。
お届けは、5月4日(水・祝)です。
説明資料と実績と思って、ゆきえ先生がいわき市・東松島市へ
お届けされた時の活動報告 を持って行きました所、
菱屋さんより、頂いて良いですか?と、尋ねられましたので、お渡しして参りました。

三郷市の職員さん、都の職員さんも、アロマテラピーでのボランティア活動も
お話など聞いて頂けますが、私の感触としましては、
言葉での応援メッセージやお手紙は、快く歓迎頂けることを実感しています。
現在避難所には、220名の方々が生活されていると三郷市の職員さんより、
ご挨拶がありました。

110420_1213~02避難所正面建物には、こいのぼりが活きよい良く風になびき
『共に頑張ろう・子供たちに夢と希望を』こいのぼりをみて、避難所の方々はそう思いながら飾られたのではないかと、感じました。


まず、活動前に、雑誌セラピストへの投稿取材用として、昨日参加しました、セラピスト・整体師さん23名の集合写真です。
o0800046511178313125[1]

また、整体師さんより、腰痛ワンポイント講座がありました。
(ちょうど、NHKからも取材申し込み連絡が入っていました)
o0800106711178319408[1]

活動ですが、まず、体育館に避難されている方々のところへ伺い、
ゆきえ先生より伺っていました通り、思いっきりの笑顔で
「こんにちは!おじゃまさせて頂きます。マッサージに伺いました」と
お顔を見ながら、お声をかけ、体育館の奥へ進んで行くと、
避難所のみなさんも、警戒心が解けてこられるのを肌で感じました。

個人個人の方へのお声掛けも、同様に「こんにちは!おじゃまさせて頂きます。
マッサージに伺いました」「マッサージいかがでしょうか?」と
お声かけをしながら、皆様の各ブーズを回らせて頂き
活動時間は、13時から15時30分までの2時間半
まずは、お顔を見ながら自己紹介をしました。
「初めまして。末次直子と申します」
自己紹介しますと、相手の方もより警戒心がなくなります。
昨日は、5名の方々とのご縁ができました。男性(3名)・女性(1名)です。

男性は、アロマテラピーでなく、背中や肩・腰をもんでもらいたいとのご要望でしたので、息苦しくない体勢を取り、うつ伏せで背中全体をゆっくり、指圧とゆっくりしたリズムでのさすりを入れながら、20分〜30分
男性3名は、
気持ち良くなって、居眠りされる方。自分の現在の心境をお話される方。
皆様の感想は、
ご年配の男性は、1日中、何もすることがなく
 ここでついつい猫背になった姿勢でテレビを見ているので、
 背中が楽になり・背中が気持ちよく伸びるようになりました。
7歳・5歳・3歳のお父さんは、子供が常にそばから離れず
 抱っこしているので、背中がはって、腰が重かったので ずいぶん楽になりました。
と上記2名の方は、居眠りされていた方々です。
現在の心境をお話された50代男性の方は、
30年、水道工事一筋に仕事をしてきた。 生まれも・育ちも広野町
 福島の別の地域で仕事の依頼話が来ているが、仕事はあっても、
現地で暮らす住まいがないので帰るに、帰れない。
毎日、体力が落ちないように、午前・午後と2時間の散歩をしながら、
足腰なまらないようにしている。早く、帰りたいと、マッサージ中ずっと話されていました。
またお洋服の話になり、ユニクロで昨日買ってきた!と話されていました。

 皆様と別れ際、いやしのセラピストは、毎週水曜に活動しています。
 私は、再来週伺います。また伺ってもよいでしょうか?と話しましたら
 「ありがとう。またよろしくお願いします」と優しく答えて頂きました。

 東北の方々は、我慢強いですが、特に男性は、やさしく、じっと今の状況に
 耐えているのを、言葉でなく体を触れたことで感じました。
 私は、そっと手を背中に触れ、寄り添うことに徹し、
 活動の場を頂いたこと・ご縁に感謝の気持ちで胸いっぱいになりました

   
    中島 ゆきえ 




jaahc at 09:42|Permalink

2011年04月19日

=いやしの支援コミュニティーIN東京「小さなおりてがみ」活動 

「小さなおりてがみ」などの活動をテーマに、第1回東京コミュニティーを開催しました。

集まってくださった皆さんのおかげで有意義な時間を過ごしました。
「今、自分には何ができるのか」私の周囲でも頻繁に耳にする言葉になりました。
今回私からは、この言葉と“いやしのカウンセリング”の目標設定との関連性や
被災地での活動報告、役立つ情報、(そのほか、カウンセリング、こころ、
ケア、支援などの表現、こちらから災害や感情にふれないことやご挨拶など)をお伝えしました。

身近におられる、各分野の専門家からのアドバイスもいただきながら、
みんなで試行錯誤をしながらも活動は広がり、着実に次へとつながっていることを実感します。
これからも、いやしのプロとしての役割と誇りを胸に、
「今、私たちには何ができるのか」を共に考え行動し、
その行動から私たちに必要なあらゆる知恵を養っていきたいと考えています。

つないだ手と手に希望をもたらす【いやしの支援コミュニティー】を目指して、
これからも「小さなおりてがみ」をはじめとする活動を続けていきたい!と、
皆さんの頼もしいエネルギーをしっかりと受け取り、東京をあとにしました。

強い余震がある中、渋谷まで集まってくださった方々、
応援メッセージをくださった方々、ずっと見守り続けてくださっている方々にも、
あらためましてこころから感謝を申し上げます。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

◎双葉町や武道館へ活動に行かれた方々のお写真とレポートです。

『いやしのカウンセラー』末次ナオコさん(サロン/ハート・オブ・ラファエル主宰)
土曜日はとても有意義な活動報告、避難所での、被災者の方々への対応、
これから避難所へ活動する私にとっては、一番聞きたかったお話でした。
水曜日に双葉町の方々との触れ合いに、一番の力を頂きました。
ご縁とタイミングに感謝です。ご郵送をありがとうございます。
皆様の思いを受け取って、双葉町避難所へ水曜日に行われている
アロマハンドトリートメントと語らいの活動に行って参ります。
集まった「小さなおりてがみ」も一緒にお届けできたらと思います。
これからも、ゆきえ先生が上京される時に、東京コミュニティーが開催されたら嬉しいです
(きっと今回伺えなかった方々いらっしゃると思いますので…)。
これからも士気を高めて、大きな輪にしていきたいと思っています。
110416末次さんと中島ゆきえ


「いやしのカウンセラー養成講座」トレーニングプログラム受講 西巻亜友子さん
4月15日足立区にある東京武道館に
「小さなおりてがみ」合計212通を託して参りました。
東京都の規定で直接手渡しは出来ないと言うことでしたが,
カモミールの香りを染み込ませたコットンと共に
箱に入れておいて下さるとのことでありがたく思っています。
またJAA法人会員のゆめじん様からお預かりした
ゲットウのスキンミストと黒糖も受け取って下さいました。
東京武道館の避難所としての役割は来週で終了するとのことですが,
東京都や足立区の方々に受け取って頂けたことに感謝します。
またゆめじん様,商品を送って下さいましたJAA様にも合わせてお礼申し上げます。

そして今日の感想です。
地震の為に電車が遅れ,交流会には参加出来ませんでしたが、
講座の場で小さなおりてがみの活動を報告する時間を頂きました。
ありがとうございます。
そして,細く長くこの活動を続けていけたらいいなと思っています。
小さなおりてがみを必要としているのは被災者の方々だけではなく,
視野を広げればご近所にもあるのかもしれません。
ことばのチカラを信じて続けていきます。
DSCN3956 (1241x1280)

引き続き、いただいたご感想・ご報告をお知らせしていきます。

   
    中島 ゆきえ


jaahc at 16:59|Permalink東日本大震災への支援 | 中島先生からのメッセージ

2011年04月08日

=被災地への支援活動に参加しました=

4月4日から東京に向かい、5日早朝からいわき市、東松島市などの
被災地を訪れました。
今回、神戸市在住『いやしのカウンセラー』山本美代子さん(昨年のふじ丸クルーズ、アロマクルー)のご主人が経営されているCM制作会社<株式会社パラサング様>の「物資」と「こころ」を届ける活動の呼びかけの一環として、カウンセリングサポートをさせていただきました。

この活動には、アントニオ猪木さんをはじめプロレスラーの方々、
水の企業OSG様から30000Lの水の支援、
乳児や生活に向けた多くの物資などがトラックに積まれ、
報道関係者の方を含めて多くの方々と被災地を次々に移動しました。
今回私たちは、アントニオ猪木さんの「こころ」を届けたいという
強いご意向から、株式会社パラサング様を通してご紹介いただきました。
この場をおかりして、改めてこころから感謝を申し上げます

この企画は、NHK、フジテレビ、TBS、日本テレビのニュース番組や
多くのスポーツ新聞で報道され、すでにご存じの方も多くいらっしゃることと思います。
赤いタオルが配られみんなで身に付け、被災者の方々からは満面の笑顔が浮かび、
関係者の方々や報道陣に囲まれながら、訪れた場所すべてが、
ぱーっと明るくなりました。
ご自身の思いも話され、国民的に愛されている方の存在の大きさを改めて実感しました。
P4050640 (1280x721)

     
前日、非常勤務先の大阪国際福祉専門学校、人間心理科学科長にもご指導をいただき
様子をうかがいながらコミュニケーションを図りました。
その熱気のおかげで、殊のほか和やかに会話がはずみました。

「小さなおりてがみ」の急な収集のお願いにもかかわらず
数日で「1633個」もの数が集まり、皆さんのご協力のおかげで
3つの避難所に直接お届けすることができました。
「一枚一枚書いてくれたんだぁ!」と、机に設置した箱の前に集まってくださり、
ひとつひとつ丁寧に開ける方の中には、その文章を読まれたとたん、
「ほんとうれしいよね。わたしこういうのによわいのよ」
こらえきれず涙される方もおられました。
すぐさまそこにアントニオ猪木さんが優しい笑顔で駆けつけられ、
どこにいらしても「こころ」の目は隅々まで配られていることをうかがい知ることが
できました。
8
DSCN3870 (1280x942)


『いやしのカウンセラー』の山本美代子さんは、
子供さんたちに「小さなおりてがみ」を読みながら、おりがみでいっしょにあそび、
まわりにいる方々もそれを笑顔で見られておられました。

カモミールと塗香の香りを漂わせていると、そこにいた方々は、
箱の中を覗き込むように「ふわ〜、これいいにおいがするよ」と
香りにも大きな反応をされていました。

特に被害の大きかった被災地の傷跡は、言葉が出ないほどの悲惨な状態です。
きっと、お気持ちは想像を絶する悲しみや不安、恐怖もおありかとお察しいたします。
それなのに、反対に私たちの疲れを気遣ってくださるのには思わず胸が詰まりました。
人と人が寄り添うことの意味の深さ、重要さを今回は深く感じました。

「これからもずっと「小さなおりてがみ」を集め続けます」と言うと
ほっと安心された表情を浮かべる方が何人もいらっしゃいました。
日本赤十字病院で活動をされている『いやしのカウンセラー』末次直子さんからは、
他県へ避難された方々にも「小さなおりてがみ」を送るご提案をいただきました。

いやしの支援コミュニティーの「小さなおりてがみ」活動は、ここからがはじまり
皆さまへは、これからも引き続きご協力をどうぞ宜しくお願い致します。
DSCN3942 (1280x958)

写真は避難所でご活躍のボランティアの方々です
       
    中島 ゆきえ

jaahc at 11:48|Permalink東日本大震災への支援 | 中島先生からのメッセージ

2011年04月04日

今日の幸せストローク =31=

brd0043-044

=「こころ」の中のアート=

日向のぬくもり。
梅の香り漂う散歩道。
小枝を渡る小鳥のさえずり。
水がつくりだす波紋のデザイン。
爽やかな風が頬を髪を通り過ぎる。

目をこらし、耳を澄ませ、大きく息を吸いこんで
こころを今ここに引き戻す。

*゚☆。.:*:・シーッ*゚☆。.:*:・

何ともいえない光景に
止まらずにはいられない。
こころが彩られていく…春のアート。

   
    中島 ゆきえ

jaahc at 10:11|Permalink今日のしあわせストローク | 中島先生からのメッセージ