2009年09月

2009年09月29日

いやしのカウンセラーになって

いやしのカウンセラー 千葉県 天野 真実 さん

いやしのステーションシール02いやしのカウンセラーになって早1年近くが経過いたしました。
その中で、一番いやしのカウンセラーであることを感じますのは「いやしのカウンセラー」という肩書きがない時です。

知人とのやり取り(会話・チャット・文通)の中で、「何か」のきっかけで「会話」が「傾聴」に切り替わる。
それはごくごく自然な形で起きます。

本来、「いやしのカウンセラー」という立場であれば、このスイッチのタイミングは私自身がしっかりと意識できていなければならないことだとは感じており、まだまだ「プロ」であっても、「ベテラン」からは程遠い状態である、と痛感する時でもございますが・・・。

ただ、傾聴に切り替わった、と気づきましたらより一掃、講座や合宿、セミナーや場数を踏んだ経験、そして何よりも自分自身の経験をできる限りフルに活かし、相手の方の「言葉」をなるべく丁寧に「聴き取り」、「汲み取る」ことができますよう、心がけるように勤めます。

相手の方が抱えてます「問題・悩み」を汲み取る。
それに対する「葛藤」も汲み取る。
そして、その方が向かおうとしてます方向(その方が見つけ出された答え)を汲み取る。

中島先生がおっしゃる通り、すること、できますことは相手の方にプラスストロークを投げかけるだけです。

「いやしのカウンセラーであることに越したことはないが何がなんでもならなければいけないわけではない」
同じことがいやしのカウンセラーにならなくてもできるのならば。

でも、少なくとも私の場合、間違いなくいやしのカウンセラーという称号を頂いたことにより、その重さと責任を良い方向にプレッシャーと感じ、普段の生活の中でも活かせているのだと感じております。

(いやしのカウンセラーの「スイッチ」が入ってませんとかなり良く話す私です。故に「会話」が「傾聴」に切り替わったことに気づくことができるのかもしれません。^^;)

始まってから1時間・・・2時間。
「気が付いたら話していた。何だか気持ちがスッキリした。話を聴いてくれてありがとう」

またの時は、興味のなかったことに対し、瞳をキラキラと輝かせて(もしくは文字が躍りださんばかりの勢いを持って)熱く語り始めてくださるお姿。
そのお言葉、そのお姿を拝見できました時、改めてその方に「何か」お手伝いができたのだと感じます。

そして、相手の方が「いやされる」お姿を拝見することができることが今度は私の「いやし」となります。
いやしのカウンセラーとして活躍の場は無限大だと、改めて感じております。

そしてその場をこれからも広げて行ければ、と思っております。


jaahc at 19:00|Permalinkいやしのカウンセラーさんからのメッセージ | 修了生からのメッセージ

2009年09月26日

終了感想レポート

ヒーリングのためのカウンセリング講座
終了感想レポートより

Q.当講座を始める前と全課程を終了してからとを比較してみて、
  あなたの心境や思考にどのような気づきや変化があったでしょうか。


 東京都 S.K.さん 

Lessen12を読み終えるころから涙が出て止まりませんでした。

興味半分で始めたこの講座でしたが、Lessen1から吸い込まれていく自分がいました。

途中、イラーショナルビリーフに陥り勉強が手につかなくなることもありましたが、自分を知るとてもよい時間がとれました。

その時に、すぐ身近に課題がたくさんあることにも気づかされ、そして、すばらしい人との出会いを引き寄せてくれました。
自分を(本当の)受け入れることはとても容易な事ではなく、つらい道のりでしたが、今まで見えなかったもの、感じられなかった事に素直に触れる自分にとても驚いています。

「愛」「感謝」を毎日感じる自分が好きにもなりました。

この講座に出会わせていただいた中島先生に感謝いたします。

hat


jaahc at 18:00|Permalink終了感想レポート | 修了生からのメッセージ

2009年09月24日

コラボセミナー「メイクセラピーマジック」in名古屋

001



先日の19日、中島先生とIBF(国際美容連盟)講師のコラボセミナー「メイクセラピーマジック」in名古屋が開催されました。

名古屋会場のIBF(国際美容連盟)講師は、新谷佳名子先生。
もともと、このお二人の先生が、同じ教室(カルチャーキューブ心斎橋)で授業されていた縁で、開催実現となったこのコラボセミナー。
両先生の軽快な関西弁にリードされながらあっと言う間の3時間。
参加者の皆さんがどんどん美しく、生き生きしていきます。

003002









参加者で既にいやしのカウンセラーの井上さんは、中島先生の授業で想いを実現されたお一人。
中島先生に憧れ、先生になりたい!という想いが、たった1年で講師依頼が来るまでになったそうです。
その経過を皆さんに伝えていただいた井上さん(下写真)、ありがとうございました。
inoue


この後の開催スケジュールは、10/10福岡、10/24札幌、11/7東京、11/28大阪
となります。(詳細はこちらからどうぞ)
全国の皆さま、ぜひこの機会に両先生のマジックをご体感ください。


夕方からは、第2回いやしのカウンセラー面接試験もあり、今年全ての面接試験も終了。
およそ1ヶ月後には、全国に新たないやしのカウンセラーが誕生します。

さて、来年は何が生まれているか、今からとても楽しみです。


※午後に開催された「第4回全国ワークショップ」の様子はこちらからどうぞ

 JAS指導部 松丸


jaahc at 12:50|Permalinkセミナー&イベント情報 | スタッフ報告

2009年09月18日

=心に問いかける夢=


目が覚めても、心に問いかけて来るような夢ってありますね
先日、私もそんな夢を久しぶりに見ました。

目の前に、大きな石で出来た水場がありました。
その左側に、灰色の麻のような服を着た私が
石に片手をかけて座っています。

下向き加減にぼーっとしていると、
おいしそうな水の入った器が目の前に見えました。
のどを潤そうとしたのですが、
「あ〜、やっぱりいいわ」と、ふりほどくように言いました。

よく見ると、その水は宝石のようにキラキラしていて
器からあふれ出しています。
とっても美しい光景でした。

その器の先をたどると、
ふわふわした白い衣をまとった女性が立っています。
手に持った器を見ながら、その様子はとっても残念そうな笑みを浮かべています。
まだ水はバシャバシャと音を立てるように湧き出ています。

私は、「す、すみません。じゃぁいただきます」
受取ったところで目が覚めました。
(ちょうど起きたい時間の数分前で助かりました)

話しは、まだ続きます・・・。

数日後、昼間に「あれって誰かな?」と、根拠無き問いかけが過ぎる中、
「あーッ!!あのときの!」・・・思い出しました。
数年前、同じような夢を見ていました。

台風の後なのか、大きな川の水が氾濫し、すごい速さで流れていて渡れない。
つり橋を見つけ、振り回されながらなんとか向こう岸に渡りきったとき、
女性が立っていて、「おつかれさまでした」静かににっこり微笑み、
「さあ、先へ急ぎなさい。そこで美しい衣に着替えなさい」
まるでファンタジー映画のひとコマみたいでした(笑)

屋久島の沢

そう言えば、その時の女性が今回見た夢の女性と重なるんです。
深層心理では、すべてのキャストは自分とか・・・。
実は、もっと若い頃にも川と女性の夢を見ています。(ま、意味は不明でいっか)
きっと、その女性は私の中の私なのかもしれませんね。

いよいよ10月にNYから来日講演される「香咲弥須子先生」の言葉を
お借りするとすれば、それが私の中の「ホーリースピリット」なのかもしれません。

もしかしたら今夜、あなたに問いかけて来るあなたに、
出会うかもしれませんね。

おやすみなさい


   中島 ゆきえ


yukimiya16 at 18:55|Permalink中島先生からのメッセージ 

2009年09月15日

今日の幸せストローク =23=

hs23

   ふと浮かんだ「ひらめき」。
   どうか、大切にしてください

   幾重にも重なるあなたの心が
   その「ひらめき」を作ったのです。

   太陽に向かって草木が伸びていくように
   心は、ありのままの「あなた」に向かっています

   「ひらめき」の心地良さを感じたら
   きっと、それがあなたへの道標。

     中島 ゆきえ

yukimiya16 at 10:05|Permalink